その時いた人にしか分からないこと

 

龍のいた時代を知らない、龍の事件を詳しく知らない人へ元龍太郎担がお話したいことです。 簡単にまとめました。伝えたいことが伝われば嬉しいです...!

 

 

 

 

私はとてつもなく森本龍太郎くんが大好きでした。

 

JUMPの最年少で皆から可愛がられていて、クシャって笑う笑顔も時に生意気なところも可愛くて、でもダンスを踊らせると真剣な顔になって一生懸命踊ってて、あの頃の龍の大好きだったところは今でもたくさん思い出せます。この人ずっと応援していくんだろうなっていう謎の確信もありました。

 

 

でも、ご存知の通りデビュー4周年目で安定してきてOVERの発売目前!という時にあの事件が起こりました。

 

 

 

 

 

 

森本龍太郎の喫煙」

 

 

 

 

 

当時未成年だったから当たり前ながら謹慎処分。でも、OVERは予定通り発売。

本当に地獄の奥底に突き落とされたようで、JUMPメンバーの龍を思わせる行動とか周りの「戻ってくるよ」という声とか本当に苦痛でしかなくて、Hey! Say! JUMPという文字すら見たくなくて、若干人間不信になっていました。あの時のえげつない悲しみは当時龍太郎担だった人にしかわからないと思います。

 

その日を境にTVに映るHey! Say! JUMPは9人で龍の顔にはモザイクがかかり、プロフィールは削除され、何事も無かったのようにSUMMARYは進められMagic Powerが発売されました。

まるで龍が辞めること前提だったかのように9人体制のJUMPへの切り替えが早かったです。

 

 

 

 

 

 

 

そしてなんの音沙汰もなく約3年が経過した頃に龍が公にTwitterを始めました。

その時、私は友人にJUMP関連の事に無理矢理連れて行かされてて、八乙女光くんにほんの少し惹かれてたけど心の中には「無期限活動休止処分」ってなってるからいつかはもどってくるかな?とか期待してる自分がいました。でもTwitterを始めたことによりその希望は廃れました。(ジャニーズはSNS禁止となっています)

 

 

 

そして、JUMPの会員証が9人になり龍が戻ってくる場所はもうJUMPにないんだなと思ってそこで完璧に切れて、前を向こうと思いました。

しかし、突然龍がJUMPについて話し始めました。JUMPにとって特別な日に意味深なツイートしたりJUMP関連の質問に軽率に答えたりしてて本当に冷めました。大嫌いになりました。

 

 

 

 

 

JUMPも時々10人で行きたいのか、9人で貫きたいのかよくわからない時はあるけど9人で前を向いて頑張ってます。

だから龍には前を向いて欲しかったです。過去なんて振り返らずに新しい道で一生懸命頑張って欲しかったです。そんなに引きづっているのならいっそ戻ってくる決意をしてくれた方がまだよかったです。

 

 

 

 

 

 

多分「この人本当に龍のこと好きだったの?」と思う人がいると思います。でも本気で大好きだったからこそです。

 

もう龍太郎とJUMPを結びつけるようなことは辞めてください。彼らはそれぞれの道に行きました。龍がいたJUMPを忘れないのは大切かもしれないけど、それは心の中に留めてください。その事件を思い出したくない人なんて私を含めたくさんいます。

 

9人になってから6年。そろそろ前を向いてください。